スマートフォン版へ

アメリカンオークス馬・パンティーレイドが引退

  • 2008年05月29日(木) 13時00分
 昨年のアメリカンオークス(米G1)とスピンスターS(米G1)を制したパンティーレイ Panty Raid(牝4、T.プレッチャー厩舎)が、靱帯の損傷のため引退、繁殖入りすることがわかった。今年の種付けは行われない予定。

 パンティーレイドは、父Include母Adventurous Di(その父Private Account)という血統の米国産馬。06年キーンランドエイプリルセールにて27万5000ドルで落札されていた。

 06年8月のデビュー戦(サラトガ・ダート6f)で、2着に7.3/4馬身差をつけ圧勝。5戦目のブラックアイスーザンS(米G2・ダート9f)で重賞初制覇を果たすと、日本のローブデコルテが5着に敗れたアメリカンオークス(芝10f)でG1初制覇。秋シーズンはスピンスターS(オールウェザー9f)に出走し古馬勢を撃破。芝とオールウェザー両方でのG1勝ちを果たした。その後は、2戦するも勝ち星に恵まれず、今年4月のダブルドッグデアS(米G3)7着が最後のレースとなった。通算成績10戦5勝(重賞3勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す