スマートフォン版へ

園田フレンドリーC、ベストタイザンが連覇達成

  • 2008年05月29日(木) 16時00分
 29日、園田競馬場で行われた第6回園田フレンドリーC(3歳上、ダート1230m、1着賞金300万円)は、下原理騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.1倍)ベストタイザン(牡6、兵庫・齊藤裕厩舎)が、道中好位追走から徐々に進出すると、直線では馬場の真ん中を力強く伸び、6番人気モエレトレジャーに1馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分15秒5(不良)のコースレコード。さらに2馬身差の3着には3番人気ピースプロテクターが入っている。

 勝ったベストタイザンは、父ジェニュイン母ベストフルーツ(その父アスワン)という血統。04年6月に北海道・村上正和厩舎からデビューし、2勝を挙げ兵庫へ移籍。昨年は重賞初制覇となった園田フレンドリーCから園田金盃まで6連勝を達成したほか、兵庫ゴールドT(交流GIII)で2年連続の4着に入るなどの活躍を見せていた。今年は2戦していずれも快勝しており、今回の勝利で3連勝となった。通算成績48戦19勝(うちJRA4戦0勝、重賞3勝)。

 なお、従来のレコードタイムは05年6月2日にシンドバッド(岩田康誠騎手)が記録した1分16秒0。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す