スマートフォン版へ

新種牡馬ダージー産駒が初勝利

  • 2008年06月11日(水) 15時00分
 11日、旭川競馬場で行われた4R・ルーキーチャレンジ(ダート1000m)は、先手を取った五十嵐冬樹騎手騎乗の1番人気エフテーダージー(牝2、北海道・伊藤隆志厩舎)が、直線に向いてリードを広げ、2番人気モエレオリヒメに2.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分03秒1(良)。この勝利が新種牡馬ダージー産駒の初勝利となった。

 勝ったエフテーダージーは、父ダージー母ノーブルファニー(その父ディアブロ)という血統。4日のデビュー戦は1番人気で2着に敗れており、今回が2戦目での勝ち上がりとなった。

 同馬の父ダージーは、父Seeking the Gold母Colorado Dancer(その父Shareef Dancer)という血統の米国産馬。現役時代はイギリスで1戦0勝の成績だったが、全兄に00年ドバイワールドC(首G1)などG1・4勝のドバイミレニアム Dubai Millenniumがいる血統背景から、05年に日本で種牡馬入り。初年度は37頭が血統登録されている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す