スマートフォン版へ

クイーンアンS、ハラダサンが移籍後初勝利

  • 2008年06月18日(水) 02時30分
 現地時間17日、英・アスコット競馬場で行われたクイーンアンS(4歳上、英G1・芝8f)は、J.ムルタ騎手騎乗の2番人気ハラダサン Haradasun(牡5、愛・A.オブライエン厩舎)がダージナ Darjinaにアタマ差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分38秒98(良)。1番人気のフィンスケールビオ Finsceal Beoはさらに3/4馬身差離れた3着に敗れている。

 勝ったハラダサンは父Fusaichi Pegasus母Circles of Gold(その父Marscay)という血統の豪州産馬。06年10月にオーストラリアでデビューし、翌年のジョージライダーS(豪G1)、ドンカスターH(豪G1)を連勝。その後も安定した走りを続けていたが、11月のマッキノンS(豪G1)13着後、愛国に移籍。移籍初戦の前走ロッキンジS(英G1)は6着だった。通算成績18戦7勝(重賞3勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す