スマートフォン版へ

カーリン、初の芝レースは2着

  • 2008年07月13日(日) 05時18分
 現地時間12日、米・ベルモントパーク競馬場で行われたマンノウォーS(3歳上、米G1・芝11f、7頭立て)は、J.カステリャーノ騎手騎乗の3番人気レッドロックス Red Rocks(牡5、英・B.ミーハン厩舎)が、3番手追走から力強く伸びると、1番人気カーリン Curlinに2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分12秒60(良)。さらに1/2馬身差の3着にベタートークナウ Better Talk Nowが入っている。

 今年のドバイワールドC(首G1)を制し、今回が初の芝レース出走となったカーリンは4番手からの追走。直線ではレッドロックスとともに伸び脚を見せたが、同馬との差を詰められないまま2着。今秋は凱旋門賞(仏G1)への出走が予定されており、今後の動向が注目される。

 勝ったレッドロックスは、父Galileo母Pharmacist(その父Machiavellian)という血統の愛国産馬。06年のBCターフ(米G1)で重賞初制覇を飾り、昨年はゴードンリチャーズS(英G3)を勝利。その後も世界各国を渡り歩いたが、G1では苦戦が続いており、今回がBCターフ以来約1年8か月ぶりのG1制覇となった。通算成績19戦6勝(重賞3勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す