スマートフォン版へ

新種牡馬ビワシンセイキ産駒が初勝利

  • 2008年07月27日(日) 16時10分
 27日、水沢競馬場で行われた10R・第26回ビギナーズC(ダート1400m)は、関本淳騎手騎乗の6番人気ワタリシンセイキ(牡2、岩手・三野宮通厩舎)が、2番人気フジフーフーに3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分29秒9(良)。この勝利が新種牡馬ビワシンセイキ産駒の初勝利となった。

 勝ったワタリシンセイキは、父ビワシンセイキ、母がJRA2勝のシャトーサウザンド(その父プラウドデボネア)という血統。

 同馬の父ビワシンセイキは、父フォーティナイナー母オシアナ(その父Northern Dancer)という血統。伯父にStorm Bird(種牡馬)がいる。現役時代は03年かきつばた記念(交流GIII)、03年とちぎマロニエC(交流GIII)を制したほか、03年フェブラリーS(GI)2着などダート重賞で活躍。通算33戦10勝(うち地方12戦2勝、重賞2勝)の成績を残した。05年に種牡馬入りし、06年からは韓国で供用。初年度産駒は16頭が血統登録されている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す