スマートフォン版へ

ローズS勝ち馬、タケノハナミが死亡

  • 2008年08月08日(金) 08時00分
 85年ローズS(GII)を制したタケノハナミ(牝26)が4日、繋養されていた北海道新ひだか町の牧場で、病気のために死亡した。

 同馬は、父ハードツービート母ヒカルカマタ(その父アイアンリージ)という血統。8戦2勝で挑んだオークスは13着に敗れたが、桜花賞エルプスオークスノアノハコブネ、前年の3歳牝馬チャンピオンのニホンピロビッキーらが出走したローズSでは好位追走から2分02秒2(良)で優勝。単勝12番人気での快走で、見るものをあっと言わせた。通算成績は21戦5勝(重賞1勝)。

 88年から繁殖牝馬となり、01年アルゼンチン共和国杯(GII)3着のシングンオペラ(父オペラハウス)などを出したが、自身を超えるような産駒には恵まれなかった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す