スマートフォン版へ

モーリスドゲスト賞、マルシャンドールが3連覇

  • 2008年08月11日(月) 03時00分
 現地時間10日、仏・ドーヴィル競馬場で行われたモーリスドゲスト賞(3歳上、仏G1・芝1300m、16頭立て)は、D.ボニヤ騎手騎乗の1番人気マルシャンドール Marchand D'Or(セン5、仏・F.ヘッド厩舎)が、アフリカンローズ African Roseに3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分18秒40(重)。さらに2.1/2馬身差の3着にベリフロール Bellifloreが入った。

 勝ったマルシャンドールは、父Marchand De Sable、母Fedora(その父Kendor)という血統の仏国産馬。05年8月にデビューし、2戦目で初勝利を挙げると06年ポルトマヨ賞(仏G3)で重賞初制覇。これまでに06年、07年モーリスドゲスト賞(仏G1)を連覇するなど、欧州短距離戦線で活躍を続けており、前走のジュライC(英G1)でG1・3勝目を挙げた。今回の勝利でモーリスドゲスト賞3連覇を達成。フランスにおける同一G1・3連覇は史上初の快挙となる。通算成績20戦9勝(重賞7勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す