スマートフォン版へ

サマーチャンピオン、ヴァンクルタテヤマが重賞連勝

  • 2008年08月15日(金) 16時10分
 15日、佐賀競馬場で行われた第8回サマーチャンピオン(3歳上、交流GIII・ダート1400m、1着賞金3000万円)は、倉富隆一郎騎手騎乗の1番人気ヴァンクルタテヤマ(牡6、栗東・安田伊佐夫厩舎)が、好スタートから先手を取ると直線で後続を突き放し、2番人気ダンツキッスイに4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分25秒4(不良)のコースレコード。さらに1.1/2馬身差の3着には5番人気キングスゾーンが入った。

 勝ったヴァンクルタテヤマは、父フォーティナイナー、母が99年スパーキングレディーC(交流GIII)3着のフラワータテヤマ(その父ブライアンズタイム)という血統。04年8月のデビューからダートの短距離戦で勝ち星を重ね、前走のプロキオンS(GIII)で重賞初制覇を飾っていた。通算成績17戦7勝(うち地方1戦1勝、重賞2勝)。

 なお、今回は当初騎乗予定だった赤木高太郎騎手が落馬負傷のため、地元佐賀の倉富隆一郎騎手が手綱を取った。また、管理する安田伊佐夫調教師にとっては14日のブリーダーズゴールドC(メイショウトウコン)に続く2日連続の交流重賞制覇となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す