スマートフォン版へ

デュークオブマーマレード、破竹のG1・5連勝

  • 2008年08月24日(日) 08時00分
 現地時間23日、英・ニューマーケット競馬場で行われた英インターナショナルS(3歳上、英G1・芝10f、9頭立て)は、J.ムルタ騎手騎乗の1番人気デュークオブマーマレード Duke of Marmalade(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が、フェニックスタワー Phoenix Towerに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒53(良)。さらに2.1/2馬身差の3着に2番人気ニューアプローチ New Approachが入った。

 勝ったデュークオブマーマレードは、父デインヒル母Love Me True(その父Kingmambo)という血統の愛国産馬。昨年は英2000ギニー(英G1)4着、セントジェイムズパレスS(英G1)2着、愛チャンピオンS(愛G1)2着などG1戦線で惜敗が続いたが、今年初戦のガネー賞(仏G1)でG1初制覇。続くタタソールズゴールドC(愛G1)、プリンスオブウェールズS(英G1)、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英G1)も制しG1・4連勝でここに臨んでいた。通算成績14戦6勝(重賞5勝)。

 なお、このレースは当初19日にヨーク競馬場で行われる予定だったが、雨天のため開催競馬場、日程が変更されて行われた。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す