スマートフォン版へ

霧島賞、テイエム2頭が同着

  • 2008年09月10日(水) 15時45分
 10日、荒尾競馬場で行われた九州産馬限定重賞・第12回霧島賞(3歳上、ダート1500m、1着賞金800万円)は、和田竜二騎手騎乗の2番人気テイエムミゴテカ(牝5、栗東・岩元市三厩舎)が、2番手追走から抜け出しにかかったところを、中団から追走した村島俊策騎手騎乗の7番人気テイエムジカッド(牡4、栗東・木原一良厩舎)が外から襲いかかり、2頭並んでゴール。長い写真判定の結果、同着となった。勝ちタイムは1分34秒8(良)。さらに1馬身差の3着に3番人気テイエムヨカドーが入り、竹園正繼氏の所有馬が上位を独占した。1番人気スズノクロヒョーは5着。

 勝ったテイエムミゴテカは、父スペシャルウィーク母エスキナッソ(その父Rahy)という血統の鹿児島産馬。05年7月にデビューし、2戦目(小倉・芝1200m)で初勝利。他に荒尾で2勝を挙げ、重賞では06年たんぽぽ賞(荒尾)、霧島賞でいずれも2着に入っていた。通算成績31戦4勝(うち地方6戦3勝、重賞1勝)。

 勝ったテイエムジカッドは、父テイエムオペラオー、母がJRA1勝のテイエムスコール(その父タマモクロス)という血統の鹿児島産馬。06年7月にデビューし、重賞の07年たんぽぽ賞で初勝利。今回はそれ以来の勝利となった。通算成績24戦2勝(うち地方5戦2勝、重賞2勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す