スマートフォン版へ

ゴーカイの母、ユウミロクが繁殖生活を引退

  • 2008年09月13日(土) 07時00分
 87年カブトヤマ記念(GIII)の勝ち馬ユウミロク(牝25)が繁殖生活を引退。今後は青森県の塚尾勝安牧場で余生を送ることになった。

 同馬は、父カツラノハイセイコ母リュウアコンバツト(その父インディアナ)という血統の青森産馬。86年オークス(GI)で、9番人気ながらメジロラモーヌの2着に入ってあっと言わせた。通算成績42戦3勝(重賞1勝)。

 繁殖牝馬としては96年目黒記念(GII)や96、97年ダイヤモンドS(GIII)を制したユウセンショウのほか、00、01年JRA最優秀障害馬ゴーカイ、01年中山大障害(JGI)を勝ったユウフヨウホウなどを出している。06年に産んだテンミロク(牝、父オースミタイクーン)が最後の産駒となった。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す