スマートフォン版へ

阪神ジャンプS、コウエイトライがレコードで3連覇

  • 2008年09月20日(土) 15時00分
 20日、阪神競馬場で行われた第10回阪神ジャンプS(障害3歳上、JGIII・芝3140m)は、小坂忠士騎手騎乗の2番人気コウエイトライ(牝7、栗東・田所清広厩舎)が、2番手追走から早めに先頭に立つと、1番人気バトルブレーヴに4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは3分26秒4(良)のコースレコード。さらに5馬身差の3着には5番人気ミヤビペルセウスが入った。

 勝ったコウエイトライは、父オペラハウス、母はJRA3勝のダンツビューティ(その父ホリスキー)という血統の鹿児島産馬。半姉に98年小倉3歳S(GIII)を制したコウエイロマン(父マークオブディスティンクション)がいる。これまでに06、07年小倉サマージャンプ(JGIII)、06年東京オータムジャンプ(JGIII)を制すなど障害重賞で活躍。このレースは昨年、一昨年といずれもレコードで制しており、今回の勝利で3連覇を達成した。通算成績45戦10勝(うち障害22戦9勝、地方1戦0勝、重賞6勝)。

 鞍上の小坂忠士騎手は、コウエイトライで制した昨年のこのレース以来となるJRA重賞制覇で通算9勝目。管理する田所清広調教師も、同レース以来のJRA重賞制覇で通算9勝目となった。

 なお、従来のコースレコードは昨年のこのレースでコウエイトライが記録した3分27秒9(良)で、今回これを1.5秒更新した。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す