スマートフォン版へ

日本テレビ盃、ボンネビルレコードがレコード勝ち

  • 2008年09月23日(火) 16時15分
 23日、船橋競馬場で行われた第55回日本テレビ盃(3歳上、交流GII・ダート1800m、1着賞金4000万円)は、的場文男騎手騎乗の2番人気ボンネビルレコード(牡6、美浦・堀井雅広厩舎)が、中団追走から徐々に進出すると、好位から先に抜け出していた1番人気フリオーソとの一騎打ちを3/4馬身差制して優勝した。勝ちタイムは1分47秒8(不良)のコースレコード。さらに5馬身離れた3着には3番人気サンライズバッカスが入った。勝ったボンネビルレコードには11月3日に園田競馬場で行われるJBCクラシック(交流GI・ダート1870m)の優先出走権が与えられる。

 ボンネビルレコードは、父アサティス母ダイワスタン(その父マルゼンスキー)という血統。04年10月に大井・庄子連兵厩舎からデビューし、05年黒潮盃(南関東G2)、05年東京記念(南関東G2)、06年サンタアニタT(南関東G3)、07年金盃(南関東G2)を制すなど活躍。昨年春に中央に移籍し、移籍後は昨年の帝王賞(交流GI)、今年のかしわ記念(交流GI)をいずれも的場文男騎手とのコンビで制している。前走の帝王賞フリオーソの2着。今回4度目の対戦で初めてフリオーソに先着を果たした。通算成績38戦9勝(うち地方31戦9勝、重賞7勝)。

 なお、従来のレコードは87年5月18日にキクノダンサーが記録した1分48秒8。今回これを21年ぶりに更新した。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す