スマートフォン版へ

ツルマルボーイが種牡馬引退

  • 2008年09月25日(木) 14時00分
 04年の安田記念(GI)を制し、北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬生活を送っていたツルマルボーイ(牡10)が、種牡馬生活を引退。苫小牧市のノーザンホースパークへ移動することになった。

 同馬は、父ダンスインザダーク、母が94年の朝日チャレンジC(GIII)を勝ったツルマルガール(その父サッカーボーイ)という血統。

 00年7月にデビューし、02年中京記念(GIII)を5馬身差で圧勝して重賞初制覇。同年の金鯱賞(GII)を制した後は02年、03年宝塚記念、03年天皇賞・秋でいずれも2着などGIでの惜敗が続いたが、04年安田記念で悲願のGI制覇を果たした。通算成績32戦7勝(重賞3勝)。

 05年からアロースタッドで種牡馬入り。現2歳が初年度産駒で、ホッカイドウ競馬所属のピエールフラミンゴ(牝2)が6月24日の旭川競馬で産駒初勝利を挙げている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す