スマートフォン版へ

北海道の佐々木一夫調教師が死去

  • 2008年09月30日(火) 16時00分
 北海道競馬事務所は30日、佐々木一夫調教師が28日に死去したことを発表した。享年58歳。通夜は30日(火)18時から、告別式は10月1日(水)10時から、いずれも北海道沙流郡日高町富川駒丘の「門別競馬場厚生施設」で営まれる。喪主は長女の佐々木麗奈氏。葬儀委員長は北海道調騎会の若松平調教師。

 佐々木一夫(ささき かずお)調教師は1950年生まれ。69年に騎手としてデビューし、87年北海優駿(札幌、ホロトウルフ)、79年道営記念(札幌、ホクメイ)など数々の重賞を制覇。コトノアサブキホロトマイケルダッシュリバードクタースパートなど多くの名馬に騎乗した。騎手としての通算成績は9510戦1539勝。96年に調教師としてデビューを果たし、07年ノースクイーンC(旭川、ベルモントミサンガ)など重賞3勝を挙げている。通算成績は地方2512戦242勝、JRA12戦1勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す