スマートフォン版へ

ナリタブライアン記念館が閉館

  • 2008年10月01日(水) 12時00分
 3冠馬ナリタブライアンの死後、同馬の功績を称えるために設立された「ナリタブライアン記念館」(北海道新冠町)が9月30日をもって閉館した。

 同記念館は、00年9月27日にオープン。会場内には現役時代のレースが流されているほか、記念写真や勝負服、優勝レイ、記念品などが所狭しと展示され、毎年多くのファンが同馬を偲んでいた。

 ナリタブライアンは、父ブライアンズタイム母パシフィカス(その父Northern Dancer)。半兄に94年天皇賞・春などGI・3勝のビワハヤヒデ(父シャルード)がいる血統。91年に新冠町の早田牧場新冠支場で生産された。現役時代は、94年皐月賞(GI)、日本ダービー(GI)、菊花賞(GI)のほか、93年朝日杯3歳S(GI)、94年有馬記念(GI)に勝ち、通算成績は21戦12勝(重賞9勝)。97年から新冠町のCBスタッドで種牡馬となったが翌年9月27日、わずか2世代の産駒を残しただけで、胃破裂のために死亡した。主な産駒にはマイネヴィータ(札幌2歳S-GIII、フラワーC-GIIIともに2着)、ダイタクフラッグ(毎日杯-GIII・2着)などがいる。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す