スマートフォン版へ

札幌2歳S、新種牡馬ネオユニヴァース産駒がV

  • 2008年10月04日(土) 15時25分
 4日、札幌競馬場で行われた第43回札幌2歳S(2歳、GIII・芝1800m)は、横山典弘騎手騎乗の1番人気ロジユニヴァース(牡2、美浦・萩原清厩舎)が、中団追走から末脚を伸ばし、5番人気イグゼキュティヴ(北海道)に1.1/4馬身差をつけ差し切った。勝ちタイムは1分49秒1(良)。さらに1.1/2馬身差の3着に3番人気モエレエキスパート(北海道)が入った。

 勝ったロジユニヴァースは、父ネオユニヴァース母アコースティクス(その父Cape Cross)。叔父に今年の若葉S(OP)を勝ち、セントライト記念(GII)で3着に入ったノットアローン(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎)がいる血統。

 7月6日の新馬戦(阪神・芝1800m)でプロスアンドコンズ以下に快勝後、今回が約3か月ぶりのレース。馬体重は26kg増での出走だった。通算成績2戦2勝(重賞1勝)。

 なお、新種牡馬ネオユニヴァース産駒は中央・地方通じて初重賞制覇。今年の新種牡馬では、函館2歳S(GIII)をフィフスペトルで勝ったキングカメハメハに続くJRA重賞勝ちとなる。

 鞍上の横山典弘騎手札幌記念(GII、タスカータソルテ)に続くJRA重賞制覇で、今年8勝目、通算102勝目。管理する萩原清調教師は、昨年の阪急杯(GIII、プリサイスマシーン)以来、通算7勝目のJRA重賞制覇となった。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す