スマートフォン版へ

東京盃、南関東勢がワンツー

  • 2008年10月08日(水) 20時10分
 8日、大井競馬場で行われた第42回東京盃(3歳上、交流GII・ダート1200m、1着賞金4000万円)は、御神本訓史騎手騎乗の4番人気フジノウェーブ(牡6、大井・高橋三郎厩舎)が、中団追走から直線で内を突き、外から襲いかかる7番人気ディープサマー(船橋)の追撃を1.1/2馬身抑え優勝。南関東所属馬同士による決着となった。勝ちタイムは1分11秒6(不良)。さらに1/2馬身差の3着に1番人気ヴァンクルタテヤマ(栗東)が入った。

 勝ったフジノウェーブは、父ブラックタイアフェアー母インキュラブルロマンティック(その父Stop the Music)。半兄に06年富士S(GIII)を勝ったキネティクス(父フォーティナイナー)がいる血統。

 04年9月に笠松でデビューし、2勝を挙げ05年に現厩舎へ移籍。06年5月から昨年の東京シティ盃(南関東G3)、マイルグランプリ(南関東G2)まで10連勝という快進撃を見せ、約4か月ぶりの出走だった昨年のJBCスプリント(交流GI)を制して地方馬初のJBC(クラシック含む)制覇という快挙を達成した。その後勝ち星はなく、今回はさきたま杯(交流GIII、5着)以来約4か月ぶりのレースだった。通算成績32戦17勝(うちJRA2戦0勝、重賞4勝)。

御神本訓史騎手のコメント】
「スタートも良くて、いい位置でレースができました。どこで抜けようかと思ったらちょうどいいところが開いたし、展開も向きました。中央の馬にも負けない切れる脚を持っていますね。ようやく強いウェーブを見せることができました。(JBCに向けて)大井が一番合っていると思いますが、(園田の)小回りの競馬場を色々勉強して作戦を練って、2連覇できるようにスタッフと頑張っていきたいと思います」

高橋三郎調教師のコメント】
「1200mがベストですね。思ったより抜け出すのが早くて力があるなと思いました。間隔を開けた使い方も理想的でしたね。(次は連覇がかかるが)頑張らないといけない。応援よろしくお願いします。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す