スマートフォン版へ

QE2世チャレンジCS、アルワジーハがG1初制覇

  • 2008年10月12日(日) 06時00分
 現地時間11日、米・キーンランド競馬場で行われたクイーンエリザベス2世チャレンジCS(3歳牝、米G1・芝9f、11頭立て)は、J.ヴェラスケス騎手騎乗の6番人気アルワジーハ Alwajeeha(牝3、米・K.マクラフリン厩舎)が、バックシートリズム Backseat Rhythmに1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分48秒09(良)。さらにクビ差の3着にはマイプリンセスジェス My Princess Jessが入り、1番人気アリエージュ Ariegeは5着に敗れた。

 勝ったアルワジーハは、父Dixieland Band、母Ridaa(その父Seattle Slew)という血統の米国産馬。昨年9月のデビューから2戦目で初勝利を挙げ、今年4月のアパラチアンS(米G3)で重賞初制覇。前走のガーデンシティS(米G1)は6着に敗れており、今回がG1初制覇となった。通算成績9戦3勝(重賞2勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す