スマートフォン版へ

ニューアプローチが6馬身差圧勝で引退へ

  • 2008年10月19日(日) 04時00分
 現地時間18日、英・ニューマーケット競馬場で行われた英チャンピオンS(3歳上、英G1・芝10f、11頭立て)は、K.マニング騎手騎乗の1番人気ニューアプローチ New Approach(牡3、愛・J.ボルジャー厩舎)が、トワイスオーバー Twice Overに6馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは2分00秒13(良)。さらに1.1/2馬身差の3着にはリンガリ Linngariが入った。

 勝ったニューアプローチは、父Galileo、母が86年のフィーニクスチャンピオンS(愛G1)勝ち馬Park Express(その父Ahonoora)という血統の愛国産馬。半兄に98年高松宮記念(GI)を制したシンコウフォレスト(父Green Desert)がいる。

 昨年7月のデビューからナショナルS(愛G1)、デューハーストS(英G1)を含む5連勝をマーク。今年に入ってからは英・愛2000ギニー(G1)でいずれもヘンリーザナヴィゲーター Henrythenavigatorの2着に敗れたが、英ダービー(英G1)を制して欧州3歳馬の頂点に輝いた。初の古馬との対戦となった英インターナショナルS(英G1)はデュークオブマーマレード Duke of Marmaladeの3着に敗れたが、続く前走の愛チャンピオンS(愛G1)を制し、今回の勝利でG1・5勝目となった。通算成績11戦8勝(重賞7勝)。

 なお、同馬はこのレースを最後に引退する見通しとなっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す