スマートフォン版へ

ヤマニンアラバスタが引退、繁殖入り

  • 2008年11月12日(水) 17時00分
 JRAは12日、05年新潟記念などを制したヤマニンアラバスタ(牝7、美浦・星野忍厩舎)が、13日付でJRA競走馬登録を抹消すると発表した。今後は北海道新冠町の錦岡牧場新和育成牧場にて繁殖入りする予定。

 ヤマニンアラバスタは、父ゴールデンフェザント、母は95年函館記念(GIII)2着のヤマニンリコール(その父タマモクロス)という血統。03年8月にデビューし、3歳時からフラワーC(GIII)2着、オークス(GI)3着、秋華賞(GI)5着などクラシック戦線で活躍。翌年の新潟記念(GIII)で、管理する星野忍調教師とともに重賞初制覇を飾ると、続く府中牝馬S(GIII)で重賞2連勝を果たした。その後は勝ち星が無く、9日のアルゼンチン共和国杯(GII、10着)が最後のレースになった。通算成績39戦5勝(重賞2勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す