スマートフォン版へ

ハイセイコー記念、良血馬ナイキハイグレードが完勝

  • 2008年11月12日(水) 20時15分
 12日、大井競馬場で行われた第41回ハイセイコー記念(2歳、南関東G2・ダート1600m、1着賞金2000万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気ナイキハイグレード(牡2、船橋・川島正行厩舎)が、好位追走から4角で先頭に並びかけると、直線では後続を突き放し、3番人気シュバレスクに3.1/2馬身差をつけ快勝した。勝ちタイムは1分41秒9(良)。さらに3/4馬身差の3着に1番人気ノーステイオーが入った。

 勝ったナイキハイグレードは、父アグネスタキオン、母が98年桜花賞(南関東G1)を勝ったダイアモンドコア(その父ジェイドロバリー)という血統。今年の千葉サラブレッドセールにて1160万円(税抜)で落札されていた。

 今年8月のデビュー戦は3着に敗れたが、2戦目(船橋・ダート1500m)で9馬身差の圧勝。続く前走・くまたか特別(大井・ダート1200m)でも2着に5馬身差をつけ力の違いを見せていた。通算成績4戦3勝(重賞1勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す