スマートフォン版へ

エリザベス女王杯馬、タレンティドガールが死亡

  • 2008年11月13日(木) 18時00分
 87年のエリザベス女王杯(GI)を制したタレンティドガール(牝24)が13日、繋養されていた北海道新ひだか町の千代田牧場で老衰のため安楽死となったことがわかった。

 タレンティドガールは、父リマンド母チヨダマサコ(その父ラバージョン)という血統。半兄に87年天皇賞・秋(GI)、マイルCS(GI)、88年安田記念(GI)を制したニッポーテイオー(父リィフォー)がいる。

 現役時代はエリザベス女王杯を制したほか、オークス(GI)でもマックスビューティの3着に入るなど活躍。88年中山牝馬S(GIII)5着を最後に引退した。通算成績11戦4勝(重賞1勝)。

 母としては98年セントライト記念(GII)、99年アルゼンチン共和国杯(GII)ともに3着のシンコウシングラー(父サンデーサイレンス)などを残している。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す