スマートフォン版へ

ペッパーズプライド、無傷の19連勝で引退へ

  • 2008年12月15日(月) 05時00分
 現地時間14日、米・ニューメキシコ州のサンランドパーク競馬場で行われたニューメキシコステートレーシングコミッションH(ダート6f、8頭立て)に、デビューから18連勝中のペッパーズプライド Peppers Pride(牝5、米・J.マー厩舎)が出走。単勝1.9倍の1番人気に推されると、2着馬に5.3/4馬身差をつけ圧勝し、デビュー19連勝を達成した。なお、同馬はこのレースを最後に引退する見通しとなっている。

 ペッパーズプライドは、父Desert God、母Lady Pepper(その父Chili Pepper Pie)という血統の米国産馬で、05年7月にデビュー。10月4日のレースで、シガー Cigar、サイテーション Citation、ハロウドドリームス Hallowed Dreams、ミスターフリスキー Mister Friskyの持つ北米記録を破る17連勝の新記録を樹立していた。通算成績19戦19勝。

 なお、北米以外では日本のドージマファイターが29連勝、プエルトリコのカマレロ Camareroが56連勝という記録が残っており、近年では、香港のサイレントウィットネス Silent Witnessがデビュー17連勝を果たしている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す