スマートフォン版へ

オーバルスプリント、トーセンラヴが重賞初制覇

  • 2008年12月24日(水) 15時30分
 24日、浦和競馬場で行われた第19回オーバルスプリント(3歳上、南関東G3・ダート1400m、1着賞金1000万円)は、水野貴史騎手騎乗の2番人気トーセンラヴ(牡6、浦和・小久保智厩舎)が、後方追走から直線で力強く伸び、9番人気ブローザウインドに2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分27秒7(重)。さらにクビ差の3着に1番人気コアレスデジタルが入り、このレースを最後に引退する3番人気ナイキアディライトは果敢に先行争いに加わったが、最下位12着に敗れている。

 勝ったトーセンラヴは、父マイネルラヴ、母がJRA3勝のウメノエミー(その父ブレイヴェストローマン)という血統。04年10月に美浦・戸田博文厩舎からデビューし、JRA35戦3勝の成績で今年、現厩舎に移籍。移籍初戦の霜月特別(浦和・ダート1400m)を3着、前走の東京スポーツ盃(船橋・ダート1000m)を2着してここに臨んでいた。今回がJRA・地方通じて重賞初出走だった。通算成績38戦4勝(うちJRA35戦3勝、重賞1勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す