スマートフォン版へ

2009年重賞勝ち第1号はテイエムヒッカテ

  • 2009年01月01日(木) 15時25分
 1日、国内で今年最初の重賞となる第31回門松賞(3歳、ダート1500m、1着賞金60万円)が荒尾競馬場で行われ、山口勲騎手騎乗の4番人気テイエムヒッカテ(牡3、荒尾・平山良一厩舎)が、5番人気イダテンサイレンスに2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分41秒0(良)。さらに1.1/2馬身差の3着に6番人気シンプルメロディが入った。1番人気ユニオンレディーは4着。

 勝ったテイエムヒッカテは、父テイエムオペラオー母テイエムルビー(その父サッカーボーイ)という血統の鹿児島産馬。昨年8月のデビューから6戦目で初勝利を挙げ、12月17日の前走(荒尾・ダート1400m)を6馬身差で制して2勝目をマークしていた。通算成績9戦3勝(重賞1勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す