スマートフォン版へ

川崎記念、カネヒキリが最多タイのGI・7勝目

  • 2009年01月28日(水) 16時00分
 28日、川崎競馬場で行われた第58回川崎記念(4歳上、交流GI・ダート2100m、1着賞金6000万円)は、C.ルメール騎手騎乗の圧倒的1番人気(単勝1.1倍)カネヒキリ(牡7、栗東・角居勝彦厩舎)が2番手追走から、逃げ粘る3番人気フリオーソとの叩き合いを1/2馬身差制し優勝した。勝ちタイムは2分13秒3(稍重)。さらに3馬身差の3着に2番人気サクセスブロッケンが入った。

 勝ったカネヒキリは、父フジキセキ母ライフアウトゼア(その父Deputy Minister)。伯父にSilver Deputy(種牡馬)がいる血統。02年セレクトセール当歳にて2000万円(税抜)で落札されている。

 05年ユニコーンS(GIII)で重賞初制覇を飾ると、同年のジャパンダートダービー(交流GI)、ダービーグランプリ(交流GI)、ジャパンCダート(GI)を制覇。06年フェブラリーS(GI)を勝ってドバイワールドC(首G1)にも出走した(4着)。その後、2度の屈腱炎を経て昨年11月の武蔵野S(GIII)でカムバック。復帰戦は9着に敗れたものの、続くジャパンCダートで2年10か月ぶりの勝利を挙げ、前走の東京大賞典(交流GI)も制していた。今回の勝利で通算GI勝利が7勝となり、シンボリルドルフテイエムオペラオーアドマイヤドンディープインパクトブルーコンコルドらの記録に並んだ。通算成績18戦11勝(うち地方5戦4勝、海外1戦0勝、重賞8勝)。

 鞍上のルメール騎手は、07年(ヴァーミリアン)に続くこのレース2勝目。管理する角居勝彦調教師はこのレース初勝利となる。JRA所属馬は07年ヴァーミリアン、08年フィールドルージュに続く3連覇で、いずれも2002年生まれの馬による勝利となった。

ルメール騎手のコメント】
「川崎では後方からの競馬はしたくなかったので、2番手につけられたのはよかった。直線に入ってからもいい手応えだった。角居調教師がいいコンディションに仕上げてくれていて、東京大賞典と同じくらいの状態だったね。ヴァーミリアン川崎記念を勝ったときも嬉しかったが、カネヒキリでも勝てて嬉しいね。2頭のタイプは違うけど、今はカネヒキリが真のチャンピオンだよ!」

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す