スマートフォン版へ

Kオークス、レイチェルアレクサンドラが20馬身差圧勝

  • 2009年05月02日(土) 06時00分
 現地時間1日、米・チャーチルダウンズ競馬場で行われた第135回ケンタッキーオークス(3歳牝、米G1・ダート9f)は、C.ボレル騎手騎乗の1番人気レイチェルアレクサンドラ Rachel Alexandra(牝3、米・H.ウィギンス厩舎)が、2番手追走から直線入り口で先頭に立つと、直線では後続を突き放し、ストーンレガシー Stone Legacyにこのレース史上最大着差となる20.1/4馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分48秒87(良)。さらに4.1/4馬身差の3着にはフライングスパー Flying Spurが入った。

 勝ったレイチェルアレクサンドラは、父Medaglia d'Oro母Lotta Kim(その父Roar)という血統の米国産馬。昨年5月にデビューし、2戦目で初勝利。昨年11月のゴールデンロッドS(米G2)で重賞初制覇を果たすと、フェアグラウンズオークス(米G2)、8.3/4馬身差で圧勝した前走のファンタジーS(米G2)を含む4連勝でここに臨んでいた。通算成績10戦7勝(重賞4勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す