スマートフォン版へ

シルクフェイマスが引退、種牡馬入り

  • 2009年05月08日(金) 17時00分
 04年京都記念(GII)など重賞3勝を挙げたシルクフェイマス(牡10、栗東・鮫島一歩厩舎)が、9日付で競走馬登録を抹消することがJRAより発表された。今後は種牡馬となる予定だが、行き先については未定。

 シルクフェイマスは、父マーベラスサンデー母セイントセーラ(その父Caerleon)という血統。03年夏から04年にかけて、日経新春杯(GII)、京都記念の重賞2勝を含む5連勝をマークしたほか、04年宝塚記念2着、04年天皇賞・春3着、04年有馬記念3着などGI戦線でも活躍。06年AJCC(GII)で約2年ぶりの重賞制覇を果たした後は勝ち星はなく、3日の天皇賞・春(17着)が最後のレースとなった。通算成績43戦9勝(重賞3勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す