スマートフォン版へ

プリークネスS、牝馬レイチェルアレクサンドラが85年ぶり快挙

  • 2009年05月17日(日) 09時00分
 現地時間16日、米・ピムリコ競馬場で行われた米3冠第2弾・第134回プリークネスS(3歳、米G1・ダート9.5f、13頭立て)は、C.ボレル騎手騎乗の1番人気レイチェルアレクサンドラ Rachel Alexandra(牝3、米・S.アスムッセン厩舎)が、スタートから先手をとると、直線に入って早めに後続を突き放し、ケンタッキーダービーマインザットバード Mine That Birdの追撃を1馬身差抑え逃げ切った。勝ちタイムは1分55秒08(良)。さらに1/2馬身差の3着にマスケットマン Musket Manが入った。

 勝ったレイチェルアレクサンドラは、父Medaglia d'Oro母Lotta Kim(その父Roar)という血統の米国産馬。昨年5月にデビューし、2戦目で初勝利。昨年11月のゴールデンロッドS(米G2)で重賞初制覇を果たすと、フェアグラウンズオークス(米G2)、ファンタジーS(米G2)も制し、前走のケンタッキーオークス(米G1)はレース史上最大着差となる20.1/4馬身差をつけて圧勝していた。前走後、売却され馬主が変更されたことに伴い、H.ウィギンス厩舎から現厩舎へ移籍していた。通算成績11戦8勝(重賞5勝)。

 牝馬がプリークネスSを制したのは1924年のネリーモース Nellie Morse(ベガバンブーエールなどの祖)以来85年ぶり5頭目。また、鞍上のC.ボレル騎手はマインザットバードでケンタッキーダービー(米G1)を制しており、同年の牡馬2冠を異なる馬で制したのは史上初の快挙となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す