スマートフォン版へ

シンガポール航空国際C、タスカータソルテ敗れる

  • 2009年05月17日(日) 21時40分
 現地時間17日、シンガポール・クランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m、12頭立て)に日本のタスカータソルテ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)が出走。やや出遅れ気味のスタートから徐々に進出したが、直線で伸びを欠き5着に敗れた。

 勝ったのは2番手追走から早めに抜け出した、T.ペレイラ騎手騎乗のグロリアデカンペオン Gloria de Campeao(牡5、仏・P.バリー厩舎)で、勝ちタイムは1分59秒20(良)。アタマ差の2着にプレスヴィス Presvis、さらに2.3/4馬身差の3着にバンカブル Bankable、さらに1.1/2馬身差の4着にポンペイルーラー Pompeii Rulerが入った。

 勝ったグロリアデカンペオンは、父Impression(その父Rubiano)、母Audacity (その父Clackson)という血統のブラジル産馬。06年11月にブラジルでデビューし、同地で重賞2勝を挙げた。その後、07年に現厩舎へ移籍し、前走のドバイワールドC(首G1)では2着に入っていた。通算20戦7勝(重賞3勝)。

岩田康誠騎手のコメント】
「手応えはありましたが、最後はジリ脚になってしまいました」

藤原英昭調教師のコメント】
「この馬にとっては馬場が重かったように感じました。3着くらいはあってもよかったかなと思います。シンガポール遠征はよい経験になりました。またチャンスがあればシンガポールに遠征したいです」

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す