スマートフォン版へ

日本ダービー、ロジユニヴァースが4馬身差快勝で頂点に

  • 2009年05月31日(日) 15時45分
 31日、東京競馬場で行われた第76回日本ダービー(3歳牡牝、GI・芝2400m)は、横山典弘騎手騎乗の2番人気ロジユニヴァース(牡3、美浦・萩原清厩舎)が、道中は離れた3番手を追走。直線に向いて内ラチ沿いから抜け出すと、5番人気リーチザクラウンに4馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは2分33秒7(不良)。さらにアタマ差の3着には8番人気アントニオバローズが入り、1番人気の皐月賞アンライバルドは中団追走から直線で伸びを欠き、12着に敗れた。

 勝ったロジユニヴァースは、父ネオユニヴァース母アコースティクス(その父Cape Cross)という血統。叔母にモンローブロンド(ファンタジーS-GIII・2着)、叔父にノットアローン(ラジオNIKKEI賞-GIII・2着)がいる。

 昨年7月6日のデビュー戦(阪神・芝1800m)を勝利で飾ると、続く札幌2歳S(GIII)で重賞初制覇。ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)では2着のリーチザクラウンに4馬身差をつけて快勝し、今年初戦となった弥生賞(GII)では鮮やかな逃げ切り勝ちを見せた。単勝1.7倍の1番人気で出走した皐月賞(GI)で14着に敗れ、デビューからの連勝は4でストップしたが、今回、皐月賞の雪辱を果たすとともに、06年生まれのサラブレッド7768頭の頂点に輝いた。通算成績6戦5勝(重賞4勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す