スマートフォン版へ

愛知の加藤利征騎手が韓国へ遠征

  • 2009年06月09日(火) 05時00分
 愛知県競馬組合は9日、加藤利征騎手(37、愛知・岩田幸一厩舎)が、6月12日(金)から10月11日(日)までの4か月間、韓国のソウル競馬場で騎乗すると発表した。

 加藤利征(かとう としゆき)騎手は、72年3月16日生まれ、愛知県刈谷市出身。95年4月にデビューし、地方通算4970戦139勝の成績を残している。

 韓国ではこれまで、内田利雄騎手(元宇都宮)、渡瀬和幸騎手(兵庫)、西村栄喜騎手(荒尾)が釜山慶南競馬場、倉兼育康騎手(高知)がソウル競馬場を拠点に期間限定騎乗を行っている。

【加藤騎手のコメント】
「海外の競馬には、以前から興味を持っていていつかは騎乗したいと思っていました。今回、この機会を活かして精一杯がんばってきたいと思います。また、日韓の交流の橋渡しになれたらと考えています」

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す