スマートフォン版へ

新種牡馬ウインデュエル産駒が初勝利

  • 2009年08月29日(土) 10時30分
 29日、新潟競馬場で行われた2R・2歳未勝利(芝1000m)は、後藤浩輝騎手騎乗の1番人気デートマスター(牡2、美浦・和田正道厩舎)が、2番人気シーマークに2.1/2馬身差をつけて快勝。これが新種牡馬ウインデュエル産駒の中央初勝利となった。勝ちタイムは55秒7(良)。さらにクビ差の3着には9番人気ホッコーマスタングが入った。

 勝ったデートマスターは、父ウインデュエル母ファインショット(その父スピードワールド)という血統。7月18日のデビュー戦(新潟・芝1400m)は6着、前走は同じ新潟芝1000mで2着に入っており4戦目での勝ち上がりとなった。通算成績4戦1勝。

 同馬の父ウインデュエルは、父サンデーサイレンス母ミヤビサクラコ(その父ノーザンテースト)。全兄に03年京都ハイジャンプ(JGII)など障害重賞4勝のウインマーベラス、今週のキーンランドC(GIII)にも出走するロイヤルキャンサーなどがいる血統。現役時代は3歳8月の未勝利戦でデビュー勝ち。その後は芝の中距離を中心に使われていたが、約1年の長期休養を挟んで復帰した5歳時にダート路線に転向。500万下からOP2勝を含む6連勝を達成するなど活躍を見せた。通算成績14戦9勝。

 05年エニフS(OP)5着を最後に現役を引退。08年度に9頭に種付けを行ったのを最後に種牡馬を引退しており、現在は北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗用馬として繋養されている。初年度は39頭に種付けを行い、21頭が血統登録されている。なお、地方では5月29日の浦和1Rにてミキノフォルテが産駒初勝利を挙げている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す