スマートフォン版へ

オディールがレース中に故障し死亡

  • 2009年10月04日(日) 18時00分
 JRAは4日、同日の阪神11R・道頓堀S(1600万下)に出走したオディール(牝4、栗東・橋口弘次郎厩舎)が、競走中に左第1指関節開放性脱臼の疾病を発症し、予後不良となったと発表した。

 同レースでは中団追走から直線で馬群を割り、差し切るかの末脚を見せたが、ゴール直前で故障発生。5着で入線となった。

 オディールは、父クロフネ、母が97年阪神3歳牝馬S(GI)2着のキュンティア(その父Darshaan)という血統。07年ファンタジーS(GIII)で重賞初勝利を挙げたが、その後は勝ち星から遠ざかっており、今夏1000万下に降格。前走の西海賞(1000万下、小倉・芝1800m)で約1年9か月ぶりの勝利を飾っていた。通算成績16戦3勝(重賞1勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す