スマートフォン版へ

アプレザンレーヴが引退、乗馬に

  • 2009年10月08日(木) 17時00分
 JRAは8日、今年の青葉賞(GII)を制したアプレザンレーヴ(牡3、栗東・池江泰郎厩舎)が、同日付で競走馬登録を抹消すると発表した。今後は北海道勇払郡安平町のノーザンファームにて乗馬となる予定。

 アプレザンレーヴは、父シンボリクリスエス、母はサンタラリ賞(仏G1)勝ち馬のレーヴドスカー(その父Highest Honor)という血統。半姉に阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)2着のレーヴダムール(父ファルブラヴ)がいる。

 デビュー2戦目での初勝利から2連勝を飾り、毎日杯(GIII)は3着に敗れたが、続く青葉賞(GII)で重賞初制覇。日本ダービー(GI)でも5着に入った。馬体重プラス24kgで出走した秋緒戦の神戸新聞杯(GII)は9着。その後、左前浅屈腱炎が判明し、全治9か月以上と診断されていた。通算成績7戦3勝(重賞1勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す