スマートフォン版へ

スプリングゲントが屈腱炎

  • 2009年10月21日(水) 17時00分
 JRAは21日、今年の中山グランドジャンプ(JGI)を制したスプリングゲント(牡9、栗東・野村彰彦厩舎)に、左前浅屈腱炎が判明したことを発表した。今後は9か月以上の休養を要する見込み。

 同馬は06年に京都ジャンプS(JGIII)、東京ハイジャンプ(JGII)、京都ハイジャンプ(JGII)の重賞3勝を含む6連勝をマーク。その後、右前浅屈腱炎のため長期休養に入ったが、昨年秋に復帰すると徐々に着順を上げ、復帰後5戦目となった今年4月の中山グランドジャンプでJGI初制覇を飾っていた。通算成績44戦10勝(うち障害9戦7勝、重賞4勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す