スマートフォン版へ

カンパニーが悲願のGI初制覇!ウオッカは3着/天皇賞・秋

  • 2009年11月01日(日) 15時40分
 1日、東京競馬場で行われた第140回天皇賞・秋(3歳上、GI・芝2000m)は、横山典弘騎手騎乗の5番人気カンパニー(牡8、栗東・音無秀孝厩舎)が、道中は中団のインコースを追走。直線半ばで一気に抜け出すと、7番人気スクリーンヒーローに1.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分57秒2(良)のタイレコード。1番人気ウオッカは後方追走から直線で馬群を割って伸びたものの、さらにクビ差の3着に敗れている。

 勝ったカンパニーは、父ミラクルアドマイヤ、母がJRA3勝のブリリアントベリー(その父ノーザンテースト)。半兄にレニングラード(アルゼンチン共和国杯-GII、父トニービン)がいる血統。

 これまでに重賞7勝を挙げており、前走の毎日王冠(GII)ではウオッカ以下を抑えて快勝。GIでは07年のこのレースでメイショウサムソンの3着、昨年のこのレースでも勝ったウオッカと同タイムの4着に入るなど好走を見せており、今回13回目の挑戦で悲願のGI初制覇を果たした。通算成績34戦11勝(重賞8勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す