スマートフォン版へ

日本産馬エルドラド、シンガポールのG1を連覇

  • 2009年11月09日(月) 07時00分
 現地時間8日、シンガポールのクランジ競馬場で行われたシンガポールゴールドC(3歳上、星LG1・芝2200m、16頭立て)で、R.スチュアート騎手騎乗の日本産馬エルドラ El Dorado(セン5、星・高岡秀行厩舎)が、2分14秒80(良)のタイムで優勝。同馬は昨年に続く連覇を達成した。

 勝ったエルドラドは、父ステイゴールド母ホワイトリープ(その父ホワイトマズル)という血統。04年3月18日に北海道浦河の高野牧場で生まれ、06年のひだかトレーニングセールにて500万円(税抜)で落札されている。

 06年11月にシンガポールでデビュー。昨年のこのレースで、管理する高岡秀行調教師とともにG1初制覇を飾った。今年は前走まで未勝利で、約11か月ぶりの勝利が同一G1連覇の快挙となった。通算成績30戦7勝(重賞2勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す