スマートフォン版へ

牝馬による制覇は20年ぶりの快挙/ジャパンCアラカルト

  • 2009年11月29日(日) 15時19分
●C.ルメール騎手
 ジャパンC初制覇。2着は04年コスモバルク、05年ハーツクライの2回。JRA・GI、JRA重賞ともにカネヒキリで制した08年ジャパンCダート以来の勝利で、GIは通算4勝目、重賞は通算8勝目。

角居勝彦調教師
 ジャパンC初制覇。JRA・GIはウオッカで制した安田記念に続く今年3勝目、通算15勝目。JRA重賞もウオッカで制した安田記念に続く今年3勝目で、通算30勝目となった。

タニノギムレット産駒
 JRA・GIは全てウオッカによる通算7勝、JRA重賞はアブソリュートで制した富士Sに続く今年6勝目、通算14勝目。

●牝馬によるジャパンC制覇
 89年のホーリックス以来20年ぶりとなる勝利。通算では4頭目(他に81年メアジードーツ、83年スタネーラ)。日本調教馬による制覇は史上初。

●史上最多タイの中央GI・7勝目
 ウオッカの中央GI・7勝はシンボリルドルフテイエムオペラオーディープインパクトと並ぶ史上最多タイ記録。牝馬としては自己の持つ史上最多記録を更新した。なお、交流GIも含めた史上最多勝記録はヴァーミリアンの8勝。

ダービー馬によるジャパンC制覇
 85年シンボリルドルフ、92年トウカイテイオー、06年ディープインパクトなど、日本ダービー馬がジャパンCを制したケースは今年で6回目。牝馬の両レース制覇は史上初。

●関西馬の優勝
 07年アドマイヤムーン以来2年ぶりの勝利。今年も含めた過去10年の内訳は関西馬6頭、関東馬2頭、外国馬2頭。

●東京でのGI勝利
 ウオッカはGI・7勝中、阪神JFを除く6勝が東京コースでの勝利。自己の持つ史上最多記録を更新した。

●馬名の由来
 酒の一種。Vodka

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す