スマートフォン版へ

馬を取り違えて競走除外に/大井競馬

  • 2010年01月21日(木) 16時30分
 21日の大井競馬4Rに出走を予定していたタケショウボス(牡7、大井・荒井隆厩舎)が、装鞍時の馬体照合時に当該馬でないことが判明したため競走除外となったことがTCK特別区競馬組合より発表された。

 取り違えた馬は、タケショウボスと同じ牧場で休養していたクイックダンス(牡4、大井・秋吉和美厩舎)と判明。休養先の牧場から荒井厩舎に入厩する際に誤ってクイックダンスを輸送してしまい、競走当日の装鞍時まで取り違えていることを発見できなかった。なお、タケショウボスは規定により入厩時の馬体検査を省略できる馬だった。

【取り違えまでの経緯】
・09年9月15日
タケショウボスが大井・山藤統宏厩舎から大井・荒井隆厩舎へ転厩

・09年11月10日
タケショウボスが竹原トレセン(茨城県)に休養へ

・09年12月31日
竹原トレセンから入厩
タケショウボスは馬体確認書が添付されており、入厩検査を省略することができる馬だった

・2010年1月21日
タケショウボスが大井4Rに出走予定
11:30 装鞍所馬体照合時に違う馬であることが判明。直後、荒井調教師が厩舎へ戻る。出走予定のタケショウボスが入厩していないことが判明

11:40 当該馬 装鞍所不参

11:50 公正保持で競走除外

13:00 荒井隆厩舎に入厩している馬は、馬体照合の結果、クイックダンスであることが確認された

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す