スマートフォン版へ

ネオヴァンドーム重賞勝ちデムーロ「ネオユニヴァースに似ている」

  • 2010年02月15日(月) 12時03分
 クラシックへの登竜門「第50回きさらぎ賞・GIII」(芝1800m)は14日、京都11Rに11頭で争われ、5番人気のネオヴァンドームが、直線で内から抜け出し、1分48秒6のタイムで重賞初制覇を飾った。2着は大外から追い込んだ1番人気のレーヴドリアン、3着は6番人気のステージプレゼンスが入った。

 デムーロと藤原英師は馬場の悪い内を避け、傷みの少ない外を選択するつもりだった。両者の意に反して、中団のインを追走。直線で進路を外に切り替えようとしたが、押し込められて内に戻った。だがそこから、勝負根性が光った。馬込みを縫うように先頭に立つと、大外から猛然と迫るレーヴドリアンの猛追を封印。左ステッキの連打に応え、首差しのいで父子同一重賞制覇を達成。

 「初めて乗ったときは(特に)感じなかったが調教に乗っていくうちにネオユニヴァースと似ていると思った」と、デムーロはかつての相棒に重ね、「また乗りに来たい」とクラシックへの騎乗を熱望した。

 熱発により、予定していたレースをパスしての重賞挑戦。藤原英師は「内面的な部分を心配していたが、外見はそうでもなかったね。(2走前に)ジョッキーが『失敗した』と話していたが、(1度でも)騎乗経験があったのは大きかった。よく乗ってくれたし、馬も頑張ってくれた」と人馬をたたえた。「重賞のあとなので疲労が心配。うまくケアをして、クラシックに向けてつくっていきたい」と皐月賞(4月18日・中山)への直行も示唆する。6頭の皐月賞馬が誕生した出世レースを制して、世代の頂点を狙う。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す