スマートフォン版へ

レッドディザイアが快挙達成!/マクトゥームチャレンジラウンド3

  • 2010年03月05日(金) 03時10分
 現地時間4日にドバイ・メイダン競馬場で行われたマクトゥームチャレンジラウンド3(北半球産4歳上・南半球産3歳上、首G2・オールウェザー2000m、1着賞金18万米ドル)に日本から昨年のJRA年度代表馬ウオッカ秋華賞レッドディザイアの2頭が出走。

 レースはグロリアデカンペオン Gloria De Campeaoが引っ張り、C.ルメール騎手騎乗のウオッカは5番手、O.ペリエ騎手騎乗のレッドディザイアは後方2番手からという展開。直線を向いて手応えが鈍るウオッカに対し、大外に持ち出したレッドディザイアが直線強襲。ゴール直前、逃げ込みを図るグロリアデカンペオンをわずかに交わして見事海外重賞初制覇の快挙を達成した。勝ちタイムは2分02秒62(稍重)。

 1/4馬身差の2着はグロリアデカンペオン、さらに3/4馬身差の3着はミスターブロック Mr Brock。

 次走のドバイワールドC(現地時間27日、首G1)を最後に引退を表明しているウオッカは、5番手追走から直線を向いたものの失速し8着に敗れた。今回で3年連続となるドバイ遠征となったが、08年ドバイデューティフリー(首G1)4着、09年ジェベルハッタ(首G2)5着、09年ドバイデューティフリー7着に続き、またしても海外制覇はならなかった。

 日本調教馬によるドバイ重賞制覇は、07年ドバイデューティフリー(首G1)のアドマイヤムーン以来3年ぶり5頭目、牝馬としては史上初の快挙。海外重賞制覇は08年ピーターパンS(米G2)のカジノドライヴ以来の勝利となった。

松永幹夫調教師コメント】
 レッドディザイア自身もそうですが、私自身もメイダンで勝てたことが素晴らしいと思います。(本番はワールドカップorシーマクラシック)これから考えます。

【勝ち馬プロフィール】
レッドディザイア(牝4)
父:マンハッタンカフェ
母:グレイトサンライズ
母父:Caerleon
厩舎:栗東・松永幹夫
馬主:東京ホースレーシング
生産者:社台ファーム
通算成績:8戦4勝(重賞2勝、海外1戦1勝)
主な戦績:09年秋華賞(GI)

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。


撮影:國廣陽子
使用機材:Canon EOS1D markIV
協力:Team Japan Keiba

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す