スマートフォン版へ

横山典はサバサバ「仕方がない」/桜花賞

  • 2010年04月12日(月) 12時03分
 2番人気のアプリコットフィズは5着。初の遠征競馬で初めて連対を外した。横山典は「あの位置で捕まえ切れなかったのだから仕方がない。負けたといっても(勝ち馬は)すぐそこだし」とサバサバとした表情。「オークスは自分の庭で戦えるから頑張ってくれるんじゃないかな」と鞍上が言えば、小島太師も「今度は府中だからね」と樫での逆転を誓っていた。

 打倒アパパネはならなかった。阪神JF2着馬アニメイトバイオは中団のまま馬群に沈み、8着に敗退。20キロの大幅な馬体減だったが、内田博は「落ち着いていたし、気にはならなかった。レースもうまく流れに乗れたが」と何度も首をひねる。連続連対も5でストップ。「精神的にもろい面もあるからね。立て直して次、頑張ります」と気持ちを切り替えていた。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す