スマートフォン版へ

神戸新聞杯、ゼンノロブロイが快勝

  • 2003年09月28日(日) 16時08分
 28日、阪神競馬場で行われた神戸新聞杯(G2・芝2000m)はK.デザーモ騎手騎乗の3番人気ゼンノロブロイ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)が直線先に抜け出したサクラプレジデントをとらえると、最後は3.1/2馬身引き離して快勝。勝ちタイムは1分59秒5。2着は1番人気サクラプレジデント、3着には春のニ冠馬ネオユニヴァースが入った。上位3頭には菊花賞(10月26日)への優先出走権が与えられる。

 勝ったゼンノロブロイは、父サンデーサイレンス母ローミンレイチェルという血統。重賞勝ちは今年行われた青葉賞(G2)に続き2勝目。通算成績は通算成績6戦4勝。

 春に青葉賞を勝ち、ダービ2着、そして秋緒戦の神戸新聞杯を優勝するなど、これは昨年のシンボリクリスエスと全く同じ歩み。今後、菊花賞天皇賞(秋)かどちらに進むか、サクラプレジデントとともにその動向が注目される。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す