スマートフォン版へ

川須栄彦騎手がJRA初勝利

  • 2010年05月24日(月) 12時00分
 23日の新潟1Rをメイショウクレモナで勝ち、川須栄彦騎手(18)=栗東・本田=が待望のJRA初勝利を飾った。今年3月のデビューから通算67戦目でのVに「うれしいです。ここまでミスも多く関係者に迷惑をかけていたのでホッとしました。この勝利をきっかけに、何かが変わっていけばいいと思います」と喜びを語った。

 23日の新潟12Rをエイブルベガで制し、二ノ宮敬宇調教師(57)=美浦=がJRA通算500勝(うち98年ジャパンCなど重賞18勝)を達成。史上114人目、現役26人目。「達成までは長い感じがしましたが、開業当時を思えば夢のようです。ひとつの通過点と思って頑張ります」と語った。

 第1回新潟は過去最多の15勝を挙げた丸山元気騎手(19)=美浦・根本=が、第1回福島に続いてリーディングを獲得した。「春の新潟競馬の記録を更新できたことが、自信になると思います」と喜びを語った。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す