スマートフォン版へ

伏兵バシケーンが暮れのジャンプ王に輝く/中山大障害

  • 2010年12月25日(土) 14時40分
 25日、中山競馬場で行われた第133回中山大障害(3歳上、JGI・芝4100m)は、中団でレースを進めた蓑島靖典騎手騎乗の10番人気バシケーンが、最後の飛越から直線で脚を伸ばし、4番人気タマモグレアーとの叩き合いをハナ差制し優勝した。勝ちタイムは4分46秒1(良)。さらに4馬身差の3着には5番人気マイネルネオスが入った。1番人気に推されたトーワベガは10着に敗れている。

 勝ったバシケーン、管理する高橋義博厩舎はともに重賞初制覇を達成。鞍上の蓑島靖典騎手は08年の新潟ジャンプS(JGIII)以来、2勝目の重賞勝ちとなった。

【勝ち馬プロフィール】
バシケーン(牡5)
父:シルクジャスティス
母:リンダトリアーノ
母父:ロドリゴデトリアーノ
厩舎:美浦・高橋義博
成績:31戦3勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:10年ペガサスジャンプS(OP)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す