スマートフォン版へ

米2冠馬タバスコキャットが死亡

  • 2004年03月06日(土) 13時30分
 1994年の米国2冠馬で、01年からは日本で種牡馬として繋養されていたタバスコキャット(牡13)が6日午前、種付中に心臓マヒを発症して死亡した。

 タバスコキャット父Storm Cat、母Barbicue Sause(その父Sauce Boat)という血統。現役時代18戦8勝2着3回3着2回。3番人気に支持されたケンタッキーダービーは6着と敗れたものの、その後プリークネスS(米G1)とベルモントS(共に米G1)の2冠を制した実力馬。

 種牡馬となってからは父Storm Cat(北米チャンピオンサイアー)譲りのスピードで、00年には北米セカンドクロップチャンピオンサイアーに輝いている。主な産駒にデビュータントS、ハリウッドスターレットS(共に米G1)を制したHabibtiがいる。

 日本では01年から日本軽種牡馬協会・静内種馬場で種牡馬生活に入り、待望の初年度産駒が今夏デビューする予定になっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す