スマートフォン版へ

スマイルトゥモロー、ピースオブワールド引退

  • 2004年03月14日(日) 12時48分
 13日の中山牝馬S(G3)に出走しそれぞれ7、12着に終った、スマイルトゥモロー(牝5、美浦・勢司和浩厩舎)とピースオブワールド(牝4、栗東・坂口正大厩舎)の両G1馬の引退が、生産牧場の千代田牧場から発表された。両馬とも生まれ故郷の静内・千代田牧場で繁殖入りする予定。種付け相手などについては未定。

 スマイルトゥモロー父ホワイトマズル母コクトビューティー(その父サウスアトランティック)という血統。02年のフラワーC(G3)で重賞初制覇を飾り、その勢いで桜花賞に臨んだが、スタートで出遅れ直線追い込むも6着。続くオークス(G1)では道中後方から豪快に差し切り見事優勝した。その後は勝ち星に恵まれず、中山牝馬S(7着)が最後のレースになった。通算14戦4勝。重賞は02年フラワーC(G3)、オークス(G1)の計2勝。

 ピースオブワールド父サンデーサイレンス母ビバムール(その父Caerleon)という血統で、従兄に98年の年度代表馬で、ジャックルマロワ賞(仏G1)などG1・5勝(海外も含む)のタイキシャトル。デビューから無傷の4連勝で02年阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制し、その年の最優秀2歳牝馬に選出。03年の牝馬クラシック戦線を嘱望されたが、桜花賞のトライアルを前に右橈(トウ)側手根骨を骨折し、オークスで約半年振りに復帰するも13着、秋華賞は4着に終っていた。その後も勝ち星に恵まれず、昨日の中山牝馬S(12着)が最後のレースになった。通算10戦4勝。重賞は02年阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、ファンタジーS(G3)の計2勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す